キウイと栄養

ゼスプリのキウイフルーツには、ビタミンCや食物繊維、カリウムなど日常生活で積極的にとりいれたい10種の栄養素がぎっしり。栄養素のパワフルな組み合わせで、育ち盛りのお子様からシニアの方まで、幅広い世代の健康をサポート。そんなキウイフルーツの栄養と健康についてご紹介します。

栄養素充足率は身近な
フルーツでナンバーワン!

nutrition-1

「栄養素充足率」とは、同じ量(100g)を食べた時に、ビタミンやミネラル、食物繊維などの17種類の栄養素*が基準値**に対してどのくらい含まれているかをインデックス化**したもの。数値が高ければたかいほど、様々な栄養素がバランスよく高密度に含まれていることを表しています。キウイフルーツは身近なフルーツ***の中でナンバーワン。日々の食事の栄養バランスを補うのにピッタリです。

 

*計算手法:
Darmon N, Darmon M, Maillot M, et al.: A nutrient density standard for vegetables and fruits: nutrients per calorie and nutrients per unit cost. J Am Diet Assoc 2005; 105: 1881-7.
*栄養素充足率の計算に使用した各栄養素の含有量:
ゼスプリ・グリーン キウイおよび サンゴールドキウイ: New Zealand FOOD filesTM 2020 Version 01
その他のフルーツ: 日本食品標準成分表2020年版(八訂)
*17種類の栄養素とは、たんぱく質、食物繊維、カルシウム、鉄、マグネシウム、カリウム、亜鉛、ビタミンC、ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、パントテン酸、ビタミンB6、葉酸、ビタミンB12、ビタミンA、ビタミンE。
** 基準値とは、日本人の食事摂取基準(2020年版)における1日当たりの摂取基準(30~49歳女性での推奨量、目標量、目安量)。
**インデックス化として、各栄養素について基準値に対する含有量の割合(%)を算出し、その平均値を取った。
*** 国内で流通している身近なフルーツとして、いちご、バナナ、かき、みかん、メロン、ブルーベリー、レモン、すいか、もも、ぶどう、りんご、梨とキウイを比較。

毎日とりたい重要な栄養素がたくさん!

毎日とりたい
重要な栄養素がたくさん!

キウイにはビタミンCをはじめ、栄養素がぎっしり。食物繊維やカリウムなども含んでいます。生のまま食べられるから、加熱に弱い栄養素や調理で失われやすい栄養素もまるごととることができます。

手軽においしく食べられるから
いろんなシーンで大活躍!

栄養豊富なキウイは生活のさまざまなシーンで活躍します。手軽でおいしいキウイを取り入れて、健康で元気な毎日を送りましょう。